正社員は働く場所・環境・条件が違う?知っておきたい介護士のこと

介護士は雇用形態が様々!正社員・パート・契約社員から仕事を探そう

様々な仕事がある介護・福祉業界

介護・福祉業界での仕事内容や職種は持っている資格で異なります。その為、介護・福祉業界での仕事を検討している場合には、どのような資格が必要なのかを知っておいた方がいいでしょう。

介護業界で人気の職種

人形

介護福祉士

数ある介護・福祉の職種の中でも、唯一国家資格として認められた「介護福祉士」は正社員、契約社員問わずに人気の職業です。介護福祉士の主な仕事は、施設の入居者の身の回りのサポートや日常生活での補助などが代表的な仕事内容でしょう。

ケアマネジャー

介護を受ける本人や家族と介護事業者の間に立ち、一人一人に合わせたケアプランを設計・提案を行なうのが、「ケアマネジャー」の仕事です。ケアマネジャーにはなるには、介護支援専門員の資格が必要で、なおかつ試験に合格した後に研修を受け、都道府県から認可される必要もあります。

サービス提供責任者

訪問介護事業所で働く「サービス提供責任者」は名前の通り、介護サービスの責任者のことをいいます。サービス提供責任者の主な仕事は、訪問介護計画書の作成、関係者との連携プランを遂行することです。また、必要に応じて、訪問介護員の指導・育成・管理に携わることもあります。

正社員は働く場所・環境・条件が違う?知っておきたい介護士のこと

複数の人

まずは資格の有無を確認する

介護士の求人を募集している施設の中には、「介護福祉士」の資格保有を条件としているところもあります。資格保有者であれば、特に気にする必要はありませんが、資格保有者ではない場合、資格の有無は最低限確認するべきでしょう。また、介護関係の仕事が未経験の場合にも、未経験可かチェックしておくべきです。

車いす

雇用条件も大切

また、介護士として働く上で重要なポイントが「雇用形態」です。介護士には、アルバイト・パート、派遣・契約社員、正社員と雇用形態が豊富にあります。キャリアアップを目指している方であれば正社員に登用し、時間や労働条件を重視している方であればアルバイト・パートもしくは派遣・契約社員を選ぶといいでしょう。

複数の人

施設形態で考える

介護士が活躍できる職場は老人ホームが一般的ですが、老人ホームにも種類があり、それぞれの施設で働き方や業務内容が違ってきます。その為、介護士として働く場合には、職場の仕事内容を事前に確認しておいた方がいいでしょう。

女性たち

福祉人材センターを利用する

介護士の仕事選びで悩んでいる場合、職業安定所で開設されている福祉人材センターを利用することをオススメします。福祉人材センターでは、介護・福祉職を希望している人のために、介護士関連の仕事を斡旋してます。また、それだけなく、求人先と面接する前に職場を見学させてくれるので、働く場所を見て選ぶことが可能です。

広告募集中