園長の求人を応募する前に知っておきたい仕事内容と求人の選び方

園長求人で採用されるにはどれほどの経験が必要?仕事選びのポイント

はじめに

保育士・幼稚園教諭として数年あるいは十数年働けば、「園長」になりたいと思う方も多いことでしょう。しかし、園長は施設の責任者ということもあり、経営や指導で多忙な日々を送ることがほとんどです。その為、園長の求人に興味がある方は、まずは自分が向いているかどうかを確認しましょう。

園長に向いている人

  • 保護者や従業員に対して思いやりがある方
  • 子供を育てることの生きがいを感じている方
  • きめ細かな心配り、気配りが上手な方
  • 施設の経営に興味がある方
  • トラブル時にも冷静に対応できる方

園長の求人を応募する前に知っておきたい仕事内容と求人の選び方

先生

園長の仕事内容

園長先生の仕事は、給与額や経費の管理、園内設備の安全確認、毎日の給食の検食、保護者からのクレーム対応や相談など、数えたらきりがないほどあります。また、園長先生は他の施設の園長先生との交流や会議、行政機関との関わりも多いため、外出することもしばしばあります。

子供たち

園長になるには

園長先生になるには、国によって認可された保育園で5年~10年以上従事する必要があると言われており、実際に求人でも5年以上を目安に募集していることも多いようです。保育園業界では経験があればあるほど有利ですから、保育士として長く働いている方であれば、園長を目指してもいいでしょう。

男女

園長の求人の探し方

園長の求人は一般的な求人サイトやハローワークでも募集されていますが、効率的に園長職の求人を探すなら、保育士や幼稚園教諭専門の転職エージェントを活用することをオススメします。転職エージェントなら自身の資格や職務経歴などから、最適な求人を斡旋してくれるので手間暇はかかりません。また、紹介自体も無料で行っているので、園長の求人を探しているのであれば、転職エージェントを活用してもいいでしょう。

広告募集中